人間が暮らす場所において、水とは必要でもあり、また邪魔なものでもある。
 飲用や産業用の水は欠かせない、しかし多すぎる水は排出しなければ害になる。
 我々日本の発達した都市のなかにも、今なお水との付き合いの歴史があちこちに残されている。
 このブログではその水路のある風景・あった風景を一傍観者として楽しんでいく。
 
志歌寿ケイト(しかすけ) 


●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

2020年01月01日

スイロット・アンキョ 特集記事・長編記事一覧

当ブログの長めの記事の一覧です。新しいウインドウで開きます。
普段は1記事につき写真1枚を基本としていますが、
1本の川をある程度追いかけて歩いた場合はまとめて1記事(特集記事)としています。
更新が面倒な場合もたまに長い1記事で済ませています(笑)。
文体や文の長さは気分次第で、たまにぶっ壊れます。あるいはわざと崩してます。

※1記事1枚のものは数が多いためタグ欄の市町村名から探して見てください。

<特集記事一覧>
●東京都
宇喜田川
戸越銀座の暗渠・川跡 前編 中編 後編
練馬区 その1 その2
神田川・赤城下町方面の支流+おまけ(紅葉川)
笄川・旧青山南町方面の支流など
長円寺谷
善福寺川 旧流路の支流暗渠 その1 その2
雲雀ヶ谷踏切近くの井戸小径
善福寺川・南荻窪四丁目の暗渠 その1 その2
谷端川のひげ暗渠 その1 その2 その3 その4
池袋北部の暗渠(境井田) その1 その2
志茂の水路
芝、地籍地図で歩く大正期の水路敷
吉原の水路跡 その1 その2
(八王子市)打越川
(八王子市)中谷戸
(八王子市)土入
(八王子市)釜貫・只沼・車石の西
(八王子市)車石の東
足立区 その1 その2
妙正寺川 気になるいろいろ
くろんぼ川を辿る
江戸川区新小岩(松島)の蓋暗渠


●埼玉県
不老川下流部
不老川中流部
不老川上流部・源流部(1)狭山池北東からの流れ(最上流部)
不老川上流部・源流部(2)狭山平からの流れ
不老川上流部・源流部(3)元狭山からの流れ
不老川上流部・源流部(4)水天宮からの流れ
不老川上流部・源流部(5)名鉄運輸からの流れ
南小畔川 その1 その2 その3 その4 その5 その6(完)
西浦和の水路(少なめ)

●千葉県
東金の水路(少なめ)
大網の水路(少なめ) その1 その2

●静岡県
富士宮・渋沢用水
posted by しかすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

塩山の水路・暗渠その6

その5からの続きです。

いよいよ面白くなるよ!

20160104_53.jpg
▲下に降りていく分水路。ここは横道を通ることができる。

20160104_54.jpg
▲この囲まれ感! これこそ公図上の「水」と「道」が昔の幅で並行する場所ではなかろうか。

20160104_55.jpg
▲基本的には用水路なのだが、谷っぽさがあるのが良いではないか。

20160104_56.jpg
▲追っていくと側溝っぽくなるが、これでもちゃんと続いていく。ま、追わないけど・・・。

20160104_57.jpg
▲はい、上に戻ってきました。

20160104_58.jpg
▲これも分水路。野菜が流れ着く。

20160104_59.jpg
▲さらに分水路。かなりの落差があって楽しい。

20160104_60.jpg
▲だんだんと道路側の土地が低くなってきた。私道の橋が架かる。

20160104_61.jpg
▲向嶽寺近く。最後の分水か。あまりに細い。

20160104_62.jpg
▲南へと方向を変える。

20160104_63.jpg
▲行き止まり道に突っ込んでいくのでこれ以上は追わない。

20160104_64.jpg
▲オギノ塩山店(閉店セール中だった)向かいの水路。これもまた素晴らしい。ドブっぽさがね。

20160104_65.jpg
▲その続き。オギノの臨時駐車場内というか、おそらく周囲の家だけひっぺがしたところ。
 このように、いくら開発しても水路敷だけはそう簡単には消せないのだ。
 用水路として続いているものならなおさらだ。

20160104_66.jpg
▲石積みがそのまま残る。これもそのうち普通の蓋暗渠になってしまうのだろう。

20160104_67.jpg
▲これらの橋もそのまま再利用しているのだろうか。

20160104_68.jpg
▲オギノの正面側。普通はこのように蓋暗渠となる。
 地方では店舗駐車場内にこんな水路敷が走っている場合が多い。
 敷地としては水路なのだ。

20160104_69.jpg
▲そしてこんなふうにどこまでも追っていける。ちゃんと使われている水路だから。

20160104_70.jpg
▲いちやまマート手前の水路。水量豊富。

20160104_71.jpg
▲下流になりだいぶゆったりとした流れになる塩川。そろそろ帰らないと・・・。

20160104_72.jpg
▲駅へと戻る途中の水路。ここは綺麗に改修されている。

20160104_73.jpg
▲ラスト、その反対側。カーブ具合がなかなか魅力。


ということで、ようやく塩山の水路写真の紹介を終える。
市街地を抜ける河川は塩川のみであり、あとは細かな用水路。
しかし全体に水の流れに富み、水路歩きにおすすめの街であると言える。
東京からも比較的アプローチしやすく、また機会があれば別の道へも足を伸ばしたい。

タグ:甲州市
posted by しかすけ at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(都市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

塩山の水路・暗渠その5


その4の続きです。

20160104_41.jpg
▲ゴミ捨て場がせり出した水路。良い。ポイント高い。

20160104_42.jpg
▲横にある弁財天。ちゃんと池になっている。

20160104_43.jpg
▲塩川上流側から。なんでもない橋の古い感じが好き。

20160104_44.jpg
▲少しだけ、塩川を山のほうへ登ってみようと思う。あんまり遠くへは行けないけれど。

20160104_45.jpg
▲荒れてはいるが、護岸しました感のある川になる。さっきの温泉街とはそう離れていないが。

20160104_46.jpg
▲道路脇の水路。ブロックの石積みだ。
この他にもブロックを鉢植えのように使っている箇所もあり、ブロック文化華やかなり。

20160104_47.jpg
▲架橋により新しく直している箇所。つなぎ目の石の形はちゃんと合わせている。
ここらで折り返したい。

20160104_48.jpg
▲すごくわかりにくいんだけど、
歩道下の暗渠と人家の庭の階段下の水路が直結してるっぽい。
なんでこんな構造に・・・?

20160104_49.jpg
▲横からの水路。これも草花がいい感じ。

20160104_50.jpg
▲再び温泉街の先へと戻ってきて、高いところを走る用水路と並んで歩く。
よく見ると二重水路だ!

20160104_51.jpg
▲低いほうは流れていないが。

20160104_52.jpg
▲いつの間にか一本になって、高い位置をキープしつつも下流へと進む。


その6へ続く。
タグ:甲州市
posted by しかすけ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(都市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

八王子の水路・暗渠 特集記事もくじ

2010年に特集2として以前住んでいた八王子東部地域の水路をいくつかふざけて紹介した。
目次ページを作っていなかったが、今回(2016年)この辺りの散策会をやろうと思うので、
紹介しやすいように目次を改めて作成しておく。
各記事とも写真がクリックで拡大なのが面倒だがご勘弁願いたい。

【特別編 2-1】打越川
男性向けデート記事風に書いているが意味はない。

【特別編 2-2】中谷戸
一人称小説風に書いているが意味はない。

【特別編 2-3】土入
女子向け(?)デート記事風に書いているが意味はない。

【特別編 2-4】釜貫・只沼・車石の西
熱血風に書いているが意味はない。

【特別編 2-5】車石の東
文体を変えるのが面倒になって適当に書いているが意味はない。


なぜこんなものを作ったかというと、2010年当時は暗渠ブログ・水路ブログもまだまだマイナーで、
特に私などは今でも箸にも棒にもかからない水路暗渠ブロガーなのだが、
まあ何かもっと楽しく読んでもらえないかなーなどと思ったのと、
文章で位置やら経路やらを示すのって悪手だよなという思いもあり(私はそういうの読むの苦手)、
ま、ちょっとふざけてみた次第です。反応あんまりなかったけどまたやりたいね。

タグ:八王子市
posted by しかすけ at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・企画記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

塩山の水路・暗渠その4

その3の続きです。


20160104_30.jpg
▲塩山温泉へ。小さな温泉地を貫くこの道は両側が水路。両側水路はそれだけで良いものだ。

20160104_31.jpg
▲右側は水路というより側溝に近い。枯れている。

20160104_32.jpg
▲左側は水量のある水路。私の影が間抜けなのが残念・・・・。

20160104_33.jpg
▲浴場への橋と頭上の渡り廊下も良い感じ。

20160104_34.jpg
▲擁壁の古さも味わい深い、のんびりとした水路沿いならではの風景。

20160104_35.jpg
▲この奥で道が一段高いところに出る。

20160104_36.jpg
▲段差の下を覗くと、なんと棚のような設えが。暗渠棚。

20160104_37.jpg
▲小さな旅館街の横を流れる塩川。
塩川は大きな川ではないが、市街地の中ではどこでも存在感があるように思う。

20160104_38.jpg
▲このあたりでは意外と少ない、簡易スルースゲート。

20160104_39.jpg
▲細い水路が集まってくるところ。3方向から。

20160104_40.jpg
▲山が近いだけに素晴らしい水量!

その5につづく。
タグ:甲州市
posted by しかすけ at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(都市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

塩山の水路・暗渠その3

その2の続きです。


20160104_21.jpg
▲▼水量豊富な水路、ここも石積みが。奥で建物下にもぐる。
20160104_22.jpg

20160104_23.jpg
▲これぞ地方の道路脇だ、という石積み側溝。すぐ先の川に直接落ちる。

20160104_24.jpg
▲塩川に架かる古い橋。昭和4年と読める。

20160104_25.jpg
▲橋から。このググッとした曲がり方、そして同じくきれいにカーブする壁。好き。

20160104_26.jpg
▲反対側。スッスッと蛇行する。

20160104_27.jpg
▲段差の下へと分岐していく暗渠。構造がわかりやすいのも地方の水路の面白さかも。

20160104_28.jpg
▲小さな滝となり川へ排水される雨水。こうした水音も景観のうち。

20160104_29.jpg
▲青い鮮魚店の隙間から見える水路。


次回その4では、いよいよ塩山温泉へ。
タグ:甲州市
posted by しかすけ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(都市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

塩山の水路・暗渠その2

その1の続きです。


20160104_11.jpg
▲これは覗き込まないと様子がわからない水路。やはり石積み。

20160104_12.jpg
▲その上の道路。複雑に暗渠が絡み合っているのがわかる。
 これに気づければ地方暗渠探索者としては上出来ではないだろうか!

20160104_13.jpg
▲道路沿いの水路に出てくる宅地間の排水路だが、よく見ると板で堰き止められている。

20160104_14.jpg
▲塩山温泉に近づいて、少し土地が高くなった。通りから段差に向かう暗渠。

20160104_15.jpg
▲これも好きな風景。正覚寺から西へ流れる水路。
 カッチリと石・コンクリで固められた中にも、寺の建物と早い流れが一度に見て取れ、
 何より水辺に近い。

20160104_16.jpg
▲市街地を蛇行する塩川。塩山の川と言えば塩川である。

20160104_17.jpg
▲わかりづらいが、Y字の水路に挟まれた小さな土地。
 左手側に一応行き来できる木の橋が架かっている。
 行き来できたところで使い道があまりない土地なのだが、
 これを見つけて「あっ」と思えるかどうかは散策家としては重要なことなのだ!

20160104_18.jpg
▲ふたたび、塩川。これくらいの川は見ていて飽きない。カーブ具合も良い。

20160104_19.jpg
▲合流部をズーム。水量が豊富なのがわかると思う。もちろん音も良い。

20160104_20.jpg
▲塩川。やや心許ないが、かわいい私道橋。


その3に続きます。
タグ:甲州市
posted by しかすけ at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(都市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

塩山の水路・暗渠その1

1月4日に塩山(甲州市)の街を数時間歩いた。その時に出会った水路・暗渠をご紹介したい。
追いかけて歩いたわけではないためあまり連続性はないのだが、
1日1枚形式だとかなりかかってしまうので、1回10枚程度の6記事としたい。
まずは塩山駅からすぐ北西側の水路群から。

20160104_01.jpg
▲地方の中小都市ではおなじみの、宅地の敷地間の排水路(水気なし)。
 塩山もこれが多く、特に石積みで作られたやや幅広のものがよく見られた。

20160104_02.jpg
▲淀んだドブ。
 枯れているか、もしくは一定の流れがあることが多い塩山では濁ったものはかえって珍しい。

20160104_03.jpg
▲線路沿いの歩道暗渠を歩いて行く。

20160104_06.jpg
▲線路の南側、山梨中央銀行の駐車場沿いにある暗渠。これを奥に進むと・・・

20160104_04.jpg
▲中央本線の煉瓦のガード下を抜ける水路を見ることができる。

20160104_05.jpg
▲水量もあり、なかなかの景観。
 ちなみに境界杭も山梨中央銀行独自のものがあった。

20160104_07.jpg
▲細い水路も水量豊富で見応え・聴き応えがある。
 山がちな土地の水路はこれが何より良いものである。

20160104_08.jpg
▲住宅間を縫う水路。ここも片側は石が使われている。

20160104_09.jpg
▲側溝のようだがこれも水路だろう。石を並べた護岸(?)が素朴で良い。

20160104_10.jpg
▲石積みのせいか他都市に比べてこうした排水路にも存在感があるように思う。

その2に続きます。
タグ:甲州市
posted by しかすけ at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(都市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png