●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

2010年09月23日

【特別編 1-1】くろんぼ川を辿る

あらかじめ断っておく。妙正寺川支流「くろんぼ川」というのはネットでそう書かれているのを見ただけで、自分で文献を当たったわけではない。だから堂々と使うのはなんだか気が引ける。だからなるべく文中では言わない(弱気な対応)。

まあとにかく、妙正寺川の支流で、野方・沼袋地域を流れているアレを一度たどりたかったのですよ。

地図はこちら(GoogleMap)。

上流のほうから見て行くけどそれは歩行距離の都合としか言い様がない。こうさぎ公園(写真下の右)と新青梅街道の間に分水嶺と判断できる一番高い地点がある。と思う。その手前に道路が変なふうに狭まる箇所(写真下の左)があり、消防のアレがある。
1-1-1.jpg 1-1-2.jpg
俺の中ではここが上流端ってことなんでそこんとこヨロシク。この日はなぜか各公園に年配の方々が集まってたので話を聞こうかと一瞬思ったけどそんな勇気ない。

公園の先(南)、ちょっと茂った民有地の中へ曲がり、もう一度南へ曲がり、ここ(写真下の左)に出てくる。憶測な、憶測。
1-1-3.jpg 1-1-4.jpg
ここからはネットでも(旧)ふろっぐねすと様が歩いていらっしゃるのであんまり先を読む意味はないかもしれない。反対側、カギ型になった路地を挟んだところがこの蓋つき溝(写真上の右)。ここはちょっとグッと来るけど通報ギリギリだよね正直。あんまり人ん家の裏とか撮りたくないのよね。

1-1-5.jpg 1-1-6.jpg
そんで住宅裏に隠れて、出てくるのがココ(写真上の左)。見えないけど。ここからは一応道になってる。たぶん左寄りが水路だったんじゃないかな。昨日雨降ったから全体に湿っぽい。

1-1-7.jpg
その先で左折して、急にこんなに広くなる。これはあやしい。広すぎるでしょ? それで反対側(下流から見たら道なり)を見ると、ちょっと変なスペースがある。
1-1-8.jpg
これもたぶん水路跡だろうね(憶測)。路地右寄りからさらに左に渡って3つくらいマンホールがある。その先は不明、というかそんなに先まで歩いてない。

1-1-9.jpg
流れに戻って、こんなところを下っていく。右のマンホール群がそれっぽい。左は合流くさい変な土地だけど不明。なかなかこういう形の土地にはならないんだけど、昔の道が川と分かれて左に行ってたかもしれないしね。

1-1-a.jpg
そのあと北原小学校の北・東に回りこむ。ここは暗渠くささはあるけど流れとしてはどうなんだろう、ちょっと不自然かなあ。誰か公図でも見て調べて!(なげやりなようだが、学校敷地下はたいてい合筆してないので道や水はそのまま書かれていることが多い。しかし公図を見るのはズルいという見方もある。ある意味答えだから。お金払ったら負け、みたいな。でも住宅地図買うよりはたぶん確実ですよ。)

この先の野方駅近辺の環七周辺はおそらく昔とは道の流れが違う(戦前の地図との対比から)。なので水路も昔からの流路があるかどうか何とも言えないが、個人的には一本裏のこの路地があやしいと思う。
1-1-b.jpg
片側の舗装がかなり陥没している。先には未舗装路地もある。まっすぐ先に朝日湯の煙突も見えるし。

環七の両側は谷っぽい地形にはなってるけど痕跡は感じられないな、俺には。それより東側は壁の造りなんかにわずかに川跡っぽい味わいがあるっちゃある。けどあんまり面白くないので略。
1-1-c.jpg 1-1-d.jpg

野方第一公園先のうねっている部分はもう完全に川跡だろう。この路地歩きではもっとも川らしいカーブが楽しめる箇所だ。
1-1-e.jpg 1-1-f.jpg
このへんは昔の航空写真では森になっていて、近くに今も放置された庭みたいな菜園みたいなものがある(ここがいちばん低いっぽい感じもする)。あと比較的古い家が1軒ある。

西武新宿線の線路を抜けるところは、まっすぐレオパの横を通るのか左手の個人宅の私道を通るのかよくわからなかった(写真略)。公図で水ってなってるほう(もしくはその続きっぽく描かれているほう)が多分正しいですので誰か法務局へレッツお布施。
1-1-p.jpg
川筋から少し北に庚申塔がある。路上だから野ざらしだけど。

1-1-g.jpg 1-1-h.jpg
線路の先は「さんかく公園」で、これの右側の道から、その先の沼袋三丁目分譲住宅にかけてが川跡だと思うヨ。ここはなかなかグッとくるものがある。うねりとか分譲住宅の雰囲気も含めて。住宅内の木もたぶん古いものかと。二重街路になってるのは分譲の時点で水路があったからなのか、単に分譲地のほうは私道として造ったからか。
1-1-i.jpg 1-1-j.jpg

そのあと東へ折れて分譲住宅の南側を回り、レトロな案内図の前を南へ。ここはでかい雨水管の入口(たぶん)が。その先であやしい交わり方をしている交差点があり、これは素直に左へ。
1-1-k.jpg 1-1-l.jpg

ここから(旧)ふろっぐねすと様の見解と違い、すぐ右(南)へ折れる。だんだんと狭くなるような変な路地。
1-1-m.jpg 1-1-n.jpg
この路地は妙正寺川とぶつかるところで1段の段差がある。対岸から見てみると・・・
1-1-o.jpg
若干角度に疑問はあるものの、新しい護岸と橋、そして吐水口がある。ということで、妙正寺川の合流点は現在のところここかなと。推測だけどね!(これについては一切文献を調べてません。地図と現地だけから好き勝手言ってます)。残された沼袋駅側の吐水口については次で。


ということで、くろんぼ川を辿るのはとりあえずここまでにして、次はこの周辺の気になる箇所などをピックアップ。あんまり川跡とは関係ないけどね・・・。


タグ:中野区
posted by しかすけ at 21:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 特集・企画記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。