●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

2016年04月06日

塩山の水路・暗渠その5


その4の続きです。

20160104_41.jpg
▲ゴミ捨て場がせり出した水路。良い。ポイント高い。

20160104_42.jpg
▲横にある弁財天。ちゃんと池になっている。

20160104_43.jpg
▲塩川上流側から。なんでもない橋の古い感じが好き。

20160104_44.jpg
▲少しだけ、塩川を山のほうへ登ってみようと思う。あんまり遠くへは行けないけれど。

20160104_45.jpg
▲荒れてはいるが、護岸しました感のある川になる。さっきの温泉街とはそう離れていないが。

20160104_46.jpg
▲道路脇の水路。ブロックの石積みだ。
この他にもブロックを鉢植えのように使っている箇所もあり、ブロック文化華やかなり。

20160104_47.jpg
▲架橋により新しく直している箇所。つなぎ目の石の形はちゃんと合わせている。
ここらで折り返したい。

20160104_48.jpg
▲すごくわかりにくいんだけど、
歩道下の暗渠と人家の庭の階段下の水路が直結してるっぽい。
なんでこんな構造に・・・?

20160104_49.jpg
▲横からの水路。これも草花がいい感じ。

20160104_50.jpg
▲再び温泉街の先へと戻ってきて、高いところを走る用水路と並んで歩く。
よく見ると二重水路だ!

20160104_51.jpg
▲低いほうは流れていないが。

20160104_52.jpg
▲いつの間にか一本になって、高い位置をキープしつつも下流へと進む。


その6へ続く。
タグ:甲州市
posted by しかすけ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(都市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

八王子の水路・暗渠 特集記事もくじ

2010年に特集2として以前住んでいた八王子東部地域の水路をいくつかふざけて紹介した。
目次ページを作っていなかったが、今回(2016年)この辺りの散策会をやろうと思うので、
紹介しやすいように目次を改めて作成しておく。
各記事とも写真がクリックで拡大なのが面倒だがご勘弁願いたい。

【特別編 2-1】打越川
男性向けデート記事風に書いているが意味はない。

【特別編 2-2】中谷戸
一人称小説風に書いているが意味はない。

【特別編 2-3】土入
女子向け(?)デート記事風に書いているが意味はない。

【特別編 2-4】釜貫・只沼・車石の西
熱血風に書いているが意味はない。

【特別編 2-5】車石の東
文体を変えるのが面倒になって適当に書いているが意味はない。


なぜこんなものを作ったかというと、2010年当時は暗渠ブログ・水路ブログもまだまだマイナーで、
特に私などは今でも箸にも棒にもかからない水路暗渠ブロガーなのだが、
まあ何かもっと楽しく読んでもらえないかなーなどと思ったのと、
文章で位置やら経路やらを示すのって悪手だよなという思いもあり(私はそういうの読むの苦手)、
ま、ちょっとふざけてみた次第です。反応あんまりなかったけどまたやりたいね。

タグ:八王子市
posted by しかすけ at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・企画記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。