2010年09月21日

【特別編 2-3】土入

今回はとっておきのデートコース「土入(つちいれ)」を紹介するよ!! 八王子で気になるカレを誘うなら絶対オススメ!! 要チェキだよ。

●地図はこちらのリンクから。

2-3-1.jpg
まずは片倉駅か北野駅から「はちバス・東部コース」で「片倉台打越公園」まで乗ってね。運賃100円だからとってもリーズナブルだよ。本数は1日5本もあるから大丈夫だよね。

2-3-3.jpg 2-3-2.jpg
はじまりは、なんとこんな急な階段の上から。ここは八王子の街を見渡せる絶景ポイントでもあるんだよ!! 写メ撮っておこうね。階段では彼に手を取ってエスコートしてもらうのがベストだけど、まだそこまでの仲じゃないかな?というコは、ここで思い切ってカレの腕につかまってしまいましょー。

2-3-4.jpg 
ハイ! ここが土入の谷の(現在の)源流でーす☆ ワクワクするね! 雨水をかき集めているのがわかるよね。

2-3-z.jpg
階段のすぐ下にはカワイイお地蔵様がいらっしゃるので、二人の旅の無事とかあんなコトとかこんなコトとかイロイロお願いしておきましょう!! 都心のと違って、ちゃんと装備が充実してるのが高ポイントだねっ。こういうのがあるのって、ここが古い道だっていう証明でもあるよね。
ちなみにこの階段、昔はもう少し谷の奥にあって、この部分はなんとトンネルだったんだよ。
2-3-0.jpg
こんな住宅地にトンネルなんてビックリだよね!! (トンネルの写真は2005年のもの) トンネルを潰して奥を宅地にする前は、蛍もいたとかいないとか。

それでは、バリ3(コンクリート三面張り)の小水路を歩いていきましょう。
2-3-5.jpg 2-3-6.jpg
見て見て!! おウチに入る橋も、コンクリートとは言ってもどことなく趣があるよね?

2-3-7.jpg 2-3-8.jpg
そしていきなり、支流が合流しまーす。おんなじようなバリ3の水路だね(写真左奥が本流上流)。ちょうど、谷戸の反対側の山の端を流れていたものみたい。ヒトのおウチなのでこれは追いかけて入っていくのはNG。八王子は市内にみっつも警察署があるんだよ(まめちしき)。ひとつの私有地が入るだけの、ちいさな谷ってことがわかるよね。

2-3-9.jpg 2-3-a.jpg
少し進んだところ。この古い納屋と木と水路の飛び出してるトコなんて、とってもキュンとくる景色だよね。そうそう、水路の反対側も見逃さないでね!! なんと、日立の井戸ポンプがあるんだよ。夏の重要アイテムだよね。ちなみにポンプのお値段はおよそ10万円

2-3-b.jpg 2-3-c.jpg
ちょっとずつお水が流れだしてきたところで、水路がぐぐっと曲がりまーす。
2-3-d.jpg 2-3-e.jpg
そしてもういっかい、すぐに曲がって・・・あれれ、残念、おうちのアイダに入って行っちゃった。でもちょっと覗いてみたくなるような、ヒミツめいた雰囲気がいいよね。すべてが丸見えじゃやっぱり味気なくて、どうなっているのかな、あの人からはどんなふうに見えるのかな、なんて思っている時が一番楽しかったりするよね。

2-3-f.jpg 2-3-g.jpg
しばらく先で、私たちの前にちゃんと水路が姿を現します。よかったよかった。・・・と思ったら、ええーっ、また隠れちゃうのね。でも、ここで道なりに進めば、もうひとつの支流が見られるからね!
2-3-h.jpg
ほらっ。
2-3-i.jpg 
奥を向くとこんなカンジ。ここもしっかりバリ3だねっ。突き当たりはガスか何かの施設になっているよ。信用度60%のゴクヒ資料によると、元々は本流から分かれてまた繋がっていたか、または昔の流路なのかな、とにかく施設の先で右に折れて本流から分岐していたケーセキがあるよ。

2-3-j.jpg
支流を追っていくと、この先でカクッと折れて・・・
2-3-k.jpg
さらにカクンカクンってなっちゃいます。ちょっと折れすぎだよね!! ウケルー。
2-3-l.jpg
そしてこの先で本流と合流しちゃってます。本流のほうは、ちょっと戻って住宅地の中の道から見渡せるので、いってみよー。
2-3-m.jpg 2-3-n.jpg
あれっ、ちょっと見ない間に、かなり立派な川になった気がするね。オトコのコと一緒だね、なんてね。包容力のあるワイルドな擁壁にはドキドキしちゃうよね!!

2-3-o.jpg 2-3-p.jpg
この奥でさっきの支流を合流して、片倉台のメインストリートへ出まーす。ちなみにここには、このデートコースで唯一のスイーツスポットがあるから見逃さないでね。でも日曜日はオヤスミなの。写真は過去に撮ったものでーす。

2-3-q.jpg
この先はしばらくメインストリートに沿っているんだけど、歩道がないからカップルでの路肩歩行はキケン。すぐに歩道側に移るからガマンしようね。
2-3-r.jpg
さらに左に曲がって、せまーい流れになって住宅の間に入っていっちゃうよ。あんなにワイルドだったのに、今度はとってもミステリアスだね。ここは反対側へ回って見るべし!!
2-3-s.jpg
ほら、ココすごい!! 下から見るととっても神秘的な風景だよね。まるで二人が水路の中に入ったみたいで、幻想の世界に迷い込んだ王子様とお姫様になった気分。ここでカレの手をギュッとにぎるのを忘れないで! このコースのハイライトだよ! 勇気を出して!!

2-3-t.jpg 
実はその先の横浜線と北野街道と湯殿川の交わるあたりは絶賛立体交差工事中なので、水路の続きを辿るのはチョット大変なの。でもあと少しだから頑張って!! 線路の下は、よく見ると水路のトコだけ壁が違ってるよ。違いのわかるオンナをアピールしよう!
2-3-u.jpg
そしてこんな開渠になって、北野街道を潜るのです。ここだけはちょっと水路が新しくて、梁みたいなのがないんだね。北野街道の近くは少しだけ暗渠になってて地元の人が植物を植えてるよ。
2-3-v.jpg
はーい、ここがゴール!! 湯殿川との合流点だよ。おつかれさまっ、記念写真を忘れずにね!! 湯殿川は北野駅のほうへ歩いていけば、川べりまで降りられるよ。かわいい鴨や鯉もいるからぜひ最後に立ち寄ってみて。このデートコースで、意中のカレ(水路ファン限定)ともっと仲良くなろうね!!


●地図はこちらのリンクから。


<おまけポイント1>
2-3-w.jpg
スタート地点の公園の少し上に、あやしい空間があるよ!! ほとんど外から見えないけど、ゴクヒ資料ではこの奥の住宅の間にずーっと隙間があるんだって!! ホントだよ。その向いには山からU字溝が続いてるトコも。落ち葉で埋まってほとんど見えないけどね。

<おまけポイント2>
2-3-x.jpg 2-3-y.jpg
北野駅南口を出てすぐ南、打越文化会館の近くに、下中谷戸の流れが今もちょっとだけ見られるよ。道が沿ってないけど、ほんとに自然な流れだから一見の価値アリ。すぐに道路下になって湯殿川に合流しちゃうんだけどね。昔はこの奥に何本も日本軍の地下壕があったんだって。そのままにしてたら、上にある旭丘団地の一部が陥没したこともあったっていうから、コワーイ。

ちなみにそのすぐ西の梅洞寺のあたりを下土入、さっきの合流点から南のあたりを中土入、上流のほうを上土入って言ったんだよ。今は公園の名前くらいしか残ってないケドね。

それでは、次回のデートコース紹介をお楽しみに!!


※おおむねシャレですので怒らないでね。
タグ:八王子市
posted by しかすけ at 10:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 特集・企画記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
笑いましたwwww とってもたのしくて、ツカエる記事だったよー♪ ww

今後のシリーズも、楽しみにしています!
Posted by lotus62 at 2010年09月29日 10:32
>lotus62様
やっと次を書き上げることができました・・・。
しかも一回全部書いてから投稿失敗して泣きそうになりました。。
アホなこと書いてる罰でしょうか(笑)
Posted by しかすけ at 2010年10月05日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。