2012年04月11日

【特別編 5-2】吉原の水路跡2

前回に引き続き、吉原の目の字型水路のうち、西から2本目の水路跡の写真を掲載します。

---------------------------------------------------------

2012-04-11-01.jpg
まず真ん中の二車線通りから、水路跡北側へ向かう。駐車場の横で路地はひときわ細くなる。
ここで足元を見ると、こんな感じ。

2012-04-11-02.jpg
どうも石の表面を薄いモルタルか何かで固めたが、再び露出したようである。

2012-04-11-03.jpg
石の感じはかなり好み。年季を感じる。

2012-04-11-04.jpg
北に進むと、ここも石で水路との境界部分が作られている。
上の壁が不安定に見える。

2012-04-11-05.jpg
拡大。まったく不揃いな感じが良い。

2012-04-11-06.jpg
1本目と同じく、横の路地との交差部分には階段もあった。
表面をアスファルトで固めているのが惜しい。

2012-04-11-07.jpg
北端近くの低い部分では、コンクリの溝が露出している。

2012-04-11-08.jpg
地籍地図に従うならば、ここを竜泉のほうへ突き抜けていたはずだが、
なぜかここは路地化されていない。しかし水関係の物が見られる。

2012-04-11-09.jpg
北から見たところ。今は右側の白い地面の下に排水の管があるようだ。
側溝を埋めたものだろうか。

2012-04-11-10.jpg
この界隈は外蛇口がとても多い。外蛇口ファンにもおすすめ。

2012-04-11-11.jpg
南側、やはり土地境界はでこぼこしていて、適当な使い方をされている土地がある。
この石は再利用?

2012-04-11-12.jpg
やはりこの下に管が埋まっているのか? ときおり変に家屋が飛び出してくる。

2012-04-11-13.jpg
外蛇口。なんなら水路があったほうが雰囲気も良い。
グレーチングまわりはけっこう古い、いい加減な設えのものに見える。

2012-04-11-14.jpg
アパートか何かの下に空洞を発見。どうなっているのだろうか。

2012-04-11-15.jpg
南端部。隠し切れない水路の名残。

あとはマンホールなどの写真を。
2012-04-11-16.jpg
この水路跡では正方形か長方形の新しいグレーチングにマンホールが挟まれているのが多いが、
これはやや古いようだ。

2012-04-11-17.jpg
もうちょっと近かったら某ネズミの形に。

2012-04-11-18.jpg
写真ではわからないが、やや膨らんで壊れている。
そして右のは飛び出ている。危なっかしい。


残りはまた行く機会があったらやります。
タグ:台東区
posted by しかすけ at 22:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 特集・企画記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
ああ、吉原のほうにあると仰っていたのはこれですか。
残り方がエロいですね、エロすぎます!
見に行きたいな〜。
Posted by nama at 2012年04月25日 19:03
>namaさん

コメントありがとうございます。
エロ関係の送迎車の出入りする裏手にこんなセクシー水路跡があるなんて素敵ですよねー。
目の字の部分は新堀川とは繋がってないっぽい感じですけどね。たぶん。
Posted by しかすけ at 2012年04月27日 21:13
マンホールの一枚目のやつ、すごいですね!!!
こんなの初めて見ました。珍種。
これだけのためにも現地に行ってみます。
Posted by lotus62 at 2012年05月22日 09:03
>lotus62さん
コメントありがとうございます。珍種だったとは!
本文のとおり、三枚目の左のような形式が多いのですが、
一枚目のようなのも何箇所かあった記憶があります。
蓋がほんとうにぴったり接してて年季も入ってますね。
まだ残りの水路跡にも面白いものがありそうなので、
よい発見がありましたら載せてくださいねー。
Posted by しかすけ at 2012年05月22日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。