2012年11月20日

【特別編 6-1】不老川上流部・源流部(1)狭山池北東からの流れ(高根川、最上流部)

こんにちは、しかすけです。

スイロット・アンキョの写真記事も500枚を突破しました。
細々とながらここまで続けて来られたのは、
日頃皆様に御覧いただけたからこそです。ありがとうございます。

今回は500記事記念ということで、「不老川上流・源流」についての特集記事を作成しました。
以下の内容で順次掲載していきます。※色は下の地図で示したライン色。

(1)狭山池北東からの流れ(最上流部、赤系のライン。この記事)
(2)狭山平からの流れ(水色系のライン)
(3)元狭山からの流れ(橙色のライン)
(4)水天宮からの流れ(黄緑系のライン)
(5)名鉄運輸からの流れ(黄色のライン)

参考資料:
「不老川へようこそ」http://furougawa.mods.jp/
「不老川流域雨水浸透施設設置要望及び湧水調査業務委託 報告書」(入間市役所サイトのPDFより)


より大きな地図で 不老川上流・源流 を表示


(1)狭山池北東からの流れ(最上流部)

高根川とも呼ばれるこの流れは、不老川として辿れる中では最長のもの。下流側から上流側へと追っていく。

500-1-1.jpg

不老川本流は瑞穂町二本木・16号沿いのガソリンスタンド裏から上流で初めてはっきりとした暗渠となる。そのすぐ上流側で、ふたつの流れが合わさっている地点がある。下の写真の少し飛び出た壁の部分が分岐。スタンドの下を通って交差点へ出て、16号に沿いにつながっている。

500-1-2.jpg

今回追う「高根川」はスタンドに沿っている蓋暗渠のほうで、この先どちらが「本流」なのかはよく知らない。高根川は蓋暗渠としてしばらく南下する。

500-1-3.jpg

二車線道路を渡ったあと、畑の中を徒歩道として抜けていく(写真上)。ここはあまり水路としての面影はないが、のんびりとした散歩道だ。やがて福泉寺の東側へ出る。

500-1-4.jpg

ゼンリン系地図では福泉寺の北側に水路が描かれて東からの水路とつながっているが、この水路は現存せず、そもそも木や家との幅から見ても近年まで存在していたとも思えない(写真下、道路と建物の間が水路として描かれているが・・・)。ただし細い溝を埋めた跡は境内に続いているように見えたのでそれなのかもしれない。

500-1-5.jpg

この南でさらにふたつの流れになるが、その合流点は道のない入れないところにある。

ひとつはそのまま直線的に南から来る短い流れ。宅地横までが開渠、その上流は側溝同然となり道路を2回またぐ。

500-1-6.jpg

500-1-7.jpg

しかし写真下のすぐ先、山の手前までしか追えない。

500-1-8.jpg

もうひとつは西から山に沿って伸びてくる流れ。合流点から西、一時道路に寄り添う。

500-1-9.jpg

500-1-a.jpg

途中で比較的新しい暗渠となる。

500-1-b.jpg

この先は道路南側を暗渠としてしばらく流れているが、結局途中からまた農地内に入ってしまう。

500-1-c.jpg

この区間の流路は不明だが、つながっていることは資料より確認できる。
※2017年現在は都立野山北・六道山公園が開園し、ほぼ川沿いに園地が伸びているため、流路を追うことは容易になった。また、園内の排水路ともいくつか繋がっている。

次に顔を出すのは駒形富士山交差点南の都道166号で、山際に開渠がある(写真下)。

500-1-d.jpg

道路下に潜り、反対側で蓋暗渠となり少し都道に沿う。

500-1-e.jpg

階段を降りていくと、暗渠がまだ西へと追える。その先の二車線道路(日光裏街道・日光脇往還)の手前まで蓋暗渠が続く。

500-1-f.jpg

ここが不老川系の水路としては一番深く辿れる源流部ということになる。

500-1-g.jpg

湧水調査ではこの暗渠付近は取り上げられていないので、雨水を流す程度なのだろうと思う。不老川は狭山池の伏流水が一応の源流とされているので(Wikipediaにはそう書かれているが今もそちらからの流れがあるとは思えない)、狭山池に最も近いこの流れが本流と呼べるかもしれない。この先の土地境界の形状も狭山池方向にカーブしている。

※2017年に追加で取材したが、そのことは今後製作予定のスイロットアンキョ小冊子にて載せていく予定。
タグ:瑞穂町
posted by しかすけ at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・企画記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。