2013年04月12日

0570 谷端川のひげ暗渠1

ふたつ前の記事の境井田の水路跡の周辺には、短く直線的な暗渠道が複数ある。こうした特徴を持つ場所はあちこちにあり(たとえば白子川の大泉町あたり)、私は「ひげ水路」「ひげ暗渠」などと呼んでいる。田があった頃の用悪水路を流用したのか宅地化した時に排水路として作ったのかそれぞれには知らないが、だいたい同じような間隔でそれっぽい道があることが多い。


より大きな地図で 池袋北部の暗渠 を表示

今回は上記の水路跡B、池袋三丁目42・43の間を下流側からたどる。たどる、というほど長くはないけれど。


0570-1.jpg

入口付近。右に1本細い小径があり、そこもなかなか湿っぽい。


0570-2.jpg

草・苔のはびこり方に暗渠っぽさがある。


0570-3.jpg

この辺りの細い暗渠道にしては珍しく花が(この地域、ゴミ屋敷率もなかなか高い)。この先で街路に出てマンションに突き当たって終点となる。110mほどの短い「ひげ暗渠」だ。

他の3本も順次紹介していく。
タグ:豊島区
posted by しかすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暗渠(道路・歩道型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。