2013年05月15日

0579 長延寺谷

大日本印刷がある市ヶ谷・長延寺谷。この谷、昔の地図を見ても水路敷があまり見当たらないが、両側の石積みの高さたるや相当なものだ。

このあいだの散策イベントの下見で市ヶ谷を歩いた時、ごみ坂歩道橋の脇にほんのすこしの水路を見つけた。

0579-2.jpg

柵と木々に隠れていて、今回やっと初めて気づいた。開渠だ。
ややドブ臭いが、水はほとんどなくわずかに反射する程度。
後日行った時にはまったく水はなかった。

0579-1.jpg

小さなビルの裏手を流れている。この水路の部分だけ、建物も凹んでいるようだ。


大きな地図で見る

反対側(下流)からも一応見ることができるが、こちらは埋まってしまっている。
もっとも、これがもともとの長延寺谷の水路なのかどうかはわからない。
地図情報がまったくなく、後年に排水のために作っただけかもしれない。

0579-3.jpg

下流側は建物があったと思しき複雑な遺構だけが残っている。
手前の道の部分が流路だったのだろうか。この道はすぐ曲がって通りに出てしまうが。

0579-4.jpg

ちなみにこの先に長延寺団地へのとても細い抜け道階段がある。
道・壁・水路、市ヶ谷は地味だけどいろいろと見どころが多い街だ。
タグ:新宿区
posted by しかすけ at 22:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水路(都市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
こんにちはー。
あの空間(で合っていないかもしれませんが、1枚目の場所は記憶にあり)、それっぽいなあと思って凝視したことはあるんですが、開渠だったとは。水が僅かにあるときがあるのですか。
長延寺谷は谷感がすごいし、崖や歩道橋、連なる大日本印刷のビルなどおもしろみのある場所ですよね。これに開渠があったら鬼に金棒。こんど、水面が見えるまで見続けたいと思いますw
Posted by nama at 2013年05月28日 12:47
>namaさん
こんばんはー。
水があるのはおそらく雨の後などだけだとは思いますが、一応まだ排水に使ってるっぽい空間です(豪雨の時に役立ったりしているのかも)。前後関係はよくわかんないです。自分はあまり行かない地域ですが、またぜひ観察してみてください!
Posted by しかすけ at 2013年05月29日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361461006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック