2015年01月27日

0602 南小畔川 その2

その1はこちら

今回の地図はこちら

/////////////////////


0602-01.jpg
▲不動橋の先には不動ならぬ不法投棄地帯が。
かなりダイナミックに車が打ち捨てられている。

0602-02.jpg
▲河南橋の下には支流が合流していて、整備された飛び石がある。
南小畔川はなにげに飛び石がよく出てくる。

河南橋のあたりは南小畔川では珍しく小広場のようになっていて、ベンチがあった。
ただしトイレはない。この川、トイレだけはほとんどないので気をつけたい。

0602-03.jpg
▲広場の先にひとりぼっちの猫が。
数秒見つめ合ったのち、ものすごい速さで逃げていった。

0602-04.jpg
▲山吹橋の先、脇から合流する水路。いい感じの蛇行と水量。
他にも荒れた感じの水路や水路敷があちこちにある。

0602-05.jpg
▲塚下橋を過ぎて日高市に入る。堤防道の右手には農地が広がる。
しかしこのあたりはあまり耕作していないのか、ススキやセイタカアワダチソウが茂る風景だ。

0602-06.jpg
▲こんな荒れた農地と堤しかないところに、またしてもひとりぼっちの猫。
こいつはまったく逃げなかった。動画はこちら

0602-07.jpg
▲神流橋を過ぎ、相変わらず川は低木や草が茂りつつ続いていく。
たまに何かの機械室のような小さな建物が川べりにある。

0602-08.jpg
▲日高市にはサイボクハムという施設があるのだが、南小畔川はその裏側を流れている。
そしてその近くにもうひとつ、一部で有名な大川興業があり、南小畔川の表裏一体の名所となっている。
この看板は別の場所にあったものだろうか。今は川とサイボクハムの裏手の駐車場を向いている。
たいへんにレトロでナイスな物件だ。

0602-09.jpg
▲堂ノ前橋の先、農地内の水路。このあたりは農作業をする人も見られた。
あまりキッチリとした造りのものではないのか、どんよりと水が溜まっている。

0602-10.jpg
▲無名の橋の脇、一度崩れている。

0602-11.jpg
▲これも旧流路の名残のようだ。
ちょろちょろと水が滲み出る音が聞こえた(気のせいではない)。

0602-12.jpg
▲川は圏央道をくぐりぬける。
歩く場合、いったん川を少し離れて側道に上り、すぐ横のガードを通れば良い。

0602-13.jpg
▲側道の橋は五反田橋。この川でたぶん唯一、関東地方建設局と書かれたもの。
しばらくはこのようなコンクリートっぽい橋が続く。

0602-14.jpg
▲圏央道の脇にある水門。

0602-15.jpg
▲猫だけではない、馬もいた。

0602-16.jpg
▲こちらは日本道路公団のもの。書体が丸ゴシックっぽくなった。
ここから少しの間は、圏央道に沿っていくことになる。
おそらく河川敷の一部が道路用地に使われたのだろう。


その3に続く
posted by しかすけ at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・企画記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック