2015年06月06日

0605 南小畔川 その5

その1はこちら

今回の地図はこちら

/////////////////////

更新間隔が開いてしまったが、南小畔川の5回目。
飯能市の市街地を流れる部分を追っていく。

0605-01.jpg
▲前回掲載の先はやはり工事中。川べりは歩けないようだが、いずれ歩けるようになりそう。
この区間はなぜだかゼンリン系地図で水涯線が消えている。
比較的しっかりした流れなのだが・・・まさか空からだと森で見えなかった?

0605-02.jpg
▲2本くらい、このような私道っぽい橋がある。無理してズームで撮影。
この先、迂回して歩く。

0605-03.jpg
▲いったん暗渠になり、八高線を越えてからの住宅地でふたたび出会う。
暗渠部分は小公園になっている。

0605-04.jpg
▲暗渠公園の奥、八高線の手前で顔を出している部分。
八高線を潜るところは最近改修したのか、比較的新しい造りに見える。

0605-05.jpg
▲公園が終わるとしばらく先で開渠になる。ここは横を歩ける貴重な区間。

0605-06.jpg
▲水路面は小さいが、両側に植え込みがあり水路敷自体はまだ広め。
沿って歩けないため、北側の市道を迂回。

0605-07.jpg
▲▼これらは北からの支流。このあたりはもう北側の山が近いのだ。
0605-08.jpg

0605-09.jpg
▲途中の橋から本流を見る。なかなか立体的な植え込みで面白いが荒れている。
橋は私道や行き止まりが多く全ては網羅できない。

0605-10.jpg
▲ほんのすこしずつだが、薄暗い雰囲気になる。

0605-11.jpg
▲これも北側の支流のひとつで、さらに分岐している。
左に続く流れは加治神社方面へと比較的長く辿れるようだ(行ってないが上記地図に示している)。
家屋間の水路敷が広いのはこのあたりでも同じである。

0605-12.jpg
▲本流が次に見られるのは飯能スカイハイツ東側。梁のあるコンクリ水路になった。
ここから上流は谷戸田の跡がはっきりとしていて、
南北2本に分かれていた流れがここで合わさる。

0605-13.jpg
▲本流と同じ造りの開渠は南側に続いていく。団地脇の通路で辿ることができる。
水路敷自体は狭くなってきた。

0605-14.jpg
▲カクカクとした形状を保ったまま団地沿いに続く。
この団地の敷地は、昔はそのまま田んぼだったのだろうと思う。

0605-15.jpg
▲順調かと思いきや団地の先の中山陸橋(西)交差点付近で消えてしまう。
この先は地形も谷ではなくなってしまう。こちらはここで終わり。
道路造成前はもう少し続いていたかもしれないし、
あるいはもともと本流から分岐していたのかもしれない。
ちなみに交差点南の大きな木のところには石仏がある。

0605-22.jpg
▲団地の東側を暗渠で回りこんで北側に続くのが本流のようだ。

0605-17.jpg
▲西へ折れてから蓋暗渠になるが、地図上では開渠っぽく描かれている。基準がよくわからない。
宅地に出入りする橋はそのまま残っていて、あとの部分に金属蓋がかかっている。安全上の措置だろう。

0605-16.jpg
▲そのまま西へ進むと、築堤上の道路(中山交差点の南)をくぐる。

0605-18.jpg
▲反対側を道路上から見たところ。メッシュの蓋がかかっている。
ここでぐっとカーブする。

0605-19.jpg
▲下の道に降りる。さらにすぐ曲がって、小さな橋がある。名前はない。左が上流。

0605-20.jpg
▲橋の先は開渠だが、水路敷の幅も狭くなってきている。
いよいよ最上流部が近づいてきた。

0605-21.jpg
▲カーブして、北側の市道に続きがある(写真は下流方向)。こちらは蓋がかかっている。
南小畔川はここで少しの間地下化してしまい、上流部の流れがわかりにくくなる一因となっている。

※地図に元から水路が描かれている智観寺付近の流れは違うので注意(西へは進まない)。
 これは入間川水系である。小畔川系の南小畔川は並行する入間川とは合流せず越辺川へ向かう。


いよいよ次で最後。

その6(最終回)につづく
タグ:飯能市
posted by しかすけ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・企画記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック