2015年06月29日

0609 戸越銀座の暗渠・川跡(中編)

前編の続き。

今回の地図はこちら(前回と同じ)。

戸越銀座駅西側で北に分岐する谷があり、これは前編冒頭の本田さんの記事に(途中まで)書かれている。ここではまず西へ進む流れを追う。

0609-00.jpg

駅のすぐ西、流路としてマッピングした位置に、またクリーニング店を発見。ここも商店街から奥まった位置にあたる。あとはあまりこれというものは感じ取れず、商店街の通りの1軒分北に1メートルに満たない段差(写真下)が続いていて、おそらくその下あたりかなあ、などと思っているうちに中原街道・荏原二丁目交差点に出てしまう。

0609-01.jpg

交差点より先、旧中原街道までの二車線道路には、途中までしかない細い歩道と、マンションがやや後退したと思われる細い歩道の両側があるが、その部分が暗渠かまでは断言できない(私は水路敷の歩道利用は足立区くらいわかりやすくないと信用しない)。

旧中原街道を渡って直進かと思うかもしれないが、ここは少なくとも川跡の土地としては右折しているのではないか。写真下、妙な植え込みがそれだろう。黄色いブロックのほうが下流、手前が上流。旧道沿いにここだけ植え込みと歩道を作る意味はなく、道路用地ではないと見るのが妥当だと考える。

0609-02.jpg

植え込みの角を曲がる。明治の地図ではこの荏原二丁目10・11あたりも狭い谷戸田になっていたようで、両側に水路ということもありうるが、とりあえず私のマッピングした地図ではこちらを採用している。車はほぼ入れず、出っ張って造られた水受けがあったりして、非常に暗渠っぽい。

0609-03.jpg

降りてくる階段があるのも説得力を増す。もともと繋ぐ必要がある道同士はこんなことはしないのだ。

0609-04.jpg

0609-05.jpg

10・11の境のところで道幅が変わる(写真上、下流向き)。境となっている道も、こちらにやや降って来て幅も暗渠っぽいが短いため不明(写真下)。

0609-06.jpg

さらに進むとT字路になる。ここも微妙に道路形状がおかしいことに気づく。先ほどの道幅変更が水路敷+道路と仮定しそのまま直進したならば右側が水路のはずで、ここで左に曲がっていることになる(写真下、上流向き)。なんて現地で気づいたようなことを言っているが、ここまでほとんど机上で調べたことのなぞりである。

0609-07.jpg

曲がった先は品川用水が待つのみで、水路跡らしい痕跡は乏しいが、下のほうの大谷石が擁壁の跡っぽくはある。この写真の背後に品川用水があり、地図では表現されていないが最後にわずかにクッと曲がって終わりとなる(合流点とか別になにもないから写真も載せないよ)。

0609-08.jpg

本流はここまで。北の谷に行こう。というかそっちに行きたかったのだ。


0609-09.jpg

ここは何というか、端正な暗渠だ。これぞという暗渠だ。誰に紹介しても「なるほどこれが」と言って貰えそうな、そういう暗渠。ちなみに歩いている人も普通にいた。

0609-10.jpg

コンクリ舗装というのが個人的には好き。マンホールを踏むとかなりポコポコと音がする。ここまで1日おきに歩いている疲れのせいか、写真が傾きまくりでごめんなさい。

0609-11.jpg

左から階段が降りてくる。どうやって建てたのかという家がひしめく路地だった。

0609-12.jpg

分岐がやってきた。右の暗渠道はごく短く、続きもよくわからない(写真下、下流向き)。雰囲気は似ている。小さな池があったようで、それに繋がる流れだった可能性はある。池の位置はここも推測。

0609-13.jpg

戻ってきて、コンクリ部分を追いかけていく。ちなみに西側に短い支流みたいな路地があるが水路跡かどうかは不明。幅は似ているが・・・あまりに短い。

0609-15.jpg

このアパートの炊事場みたいなところの前でコンクリは終わってしまう。でも、ここで終わりはないでしょう。そう、この先を確かめに来たのだから・・・。

0609-14.jpg


また写真点数が増えたので後編に続く


////////////////


※散策会「東京散歩革命」および「東京力養成散歩」よろしくお願いします!
告知はしかすけメインサイトや下記イベントページで行います(夏場は少なくなりますが)。
http://shikasukeito.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html
タグ:品川区
posted by しかすけ at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・企画記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421516249
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック