2015年07月29日

0612 不老川中流部

だいぶ前(2013年)のものになってしまうが、不老川の狭山市から下流を歩いた時の写真があるので、2回に分けて紹介したい。

なお上流域については以前に掲載した以下の記事を参考にしていただきたい。
【特別編 6-1】不老川上流部・源流部(1)
また、上記と今回との中間に関しては単体写真記事としてアップしているので、入間市のタグでいくらか見られると思う。どちらにせよ、全域を歩行完了している。

一応触れておくと、不老川は古多摩川のひとつで、多摩川の流路が南に変わった現在は上記記事のようなぼんやりとした源流しか持たず、降水時以外は導水により水質を保っていると思われる。東京都瑞穂町から埼玉県入間市・狭山市を北東に向かって流れ、川越市で新河岸川に合流する。主な支流に入間市・所沢市の林川・樽井戸川があるが、元々水に乏しく水害もまた多い地域であるため、人工河川である部分も存在する(上林川など)。現在の不老川中流部も大雨の時には溢れそうになり、渇水時にはほとんど枯れている箇所がある。支流も含め、ほぼ全域で流路の直線化が行われているが、旧流路の名残も各所に伺える。

では写真を見ていこう。


0612-01.jpg
▲入間市と狭山市の境界近く、林川の合流地点(上流向き)。林川は県道8号からここまで道路下を通っている。近くにはこの地域では数多い石橋供養塔がある。ここから狭山市側が今回の起点。

※これより、写真はほぼすべて下流向き。

0612-02.jpg
▲歩道のない二車線道路に沿って、入間基地との間を流れる。護岸のコンクリートが古く、幅も狭い。ただし背後に遊水地(と導水施設)がある。この橋は必要性が謎。一応、基地の金網側も歩くことができ、また左側も歩行者だけ通れる道がある。時期によっては雑草で歩きづらい。ちなみに当ブログのタイトルロゴ画像はこのあたり。

0612-03.jpg
▲旧流路を利用したと思しき浄化施設の跡が分岐する。以前の記事を参照。

0612-04.jpg
▲浄化施設がふたたび合流する地点。

0612-05.jpg
▲基地の影響下を脱して、ややゆったりとした川べりの散歩道となる。ただしあまり人は歩いていないし、蛇行していた頃の名残か、私有地の畑がせり出している箇所もある(杭の川側を通れば問題ないとは思う)。

0612-06.jpg
▲不老川は水質ワースト等の不名誉な記録で名を馳せた(?)時期があったためか、この手の看板が多い。それももう大半が色あせたり壊れたりしている。

0612-07.jpg
▲中流部から下はかなりの堤塘部分が歩行可能なのはありがたいところ。

0612-08.jpg
▲川べりにイタリアンの店。入曽から先は散歩する人もよく見かけるようになる。

0612-09.jpg
▲大きな木が多く、気持ちのよい散策路。

0612-10.jpg
▲不老川沿いは水田はほとんどなく、畑地ばかり。東京側と違って谷も少なく、水の確保には苦労したのだろう。

0612-11.jpg
▲橋と段差。もちろんこの水量も導水あってこそである。

0612-12.jpg
▲暗渠となっている支流(?)からの水量はご覧のとおり。

0612-13.jpg
▲山王中学校の南、水辺まで降りられる公園のようになっている箇所。あまり整備されていないが、不老川の中では貴重である。水害があったせいなのか、あまり公園化と結び付けられていないのだ。

0612-14.jpg
▲その先で、堤防は唐突に緑のトンネルになる。ここはちょっと見もの。

0612-15.jpg
▲まあ、すぐに終わってしまうのだが。ここから少し行くと堀兼という地域。
防風林があり新田集落などとも言われるが、ほぼすべて畑地。
やはりというか、土地が平らで風が強い。東京の河川とはまるで違う風景と歩行感。

0612-16.jpg
▲真新しい県道126号。不老川歩行では貴重なコンビニとうどん店が右手にある。
ここでいったん休憩としよう。

次回に続く!


タグ:狭山市
posted by しかすけ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・企画記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。