2016年02月22日

塩山の水路・暗渠その2

その1の続きです。


20160104_11.jpg
▲これは覗き込まないと様子がわからない水路。やはり石積み。

20160104_12.jpg
▲その上の道路。複雑に暗渠が絡み合っているのがわかる。
 これに気づければ地方暗渠探索者としては上出来ではないだろうか!

20160104_13.jpg
▲道路沿いの水路に出てくる宅地間の排水路だが、よく見ると板で堰き止められている。

20160104_14.jpg
▲塩山温泉に近づいて、少し土地が高くなった。通りから段差に向かう暗渠。

20160104_15.jpg
▲これも好きな風景。正覚寺から西へ流れる水路。
 カッチリと石・コンクリで固められた中にも、寺の建物と早い流れが一度に見て取れ、
 何より水辺に近い。

20160104_16.jpg
▲市街地を蛇行する塩川。塩山の川と言えば塩川である。

20160104_17.jpg
▲わかりづらいが、Y字の水路に挟まれた小さな土地。
 左手側に一応行き来できる木の橋が架かっている。
 行き来できたところで使い道があまりない土地なのだが、
 これを見つけて「あっ」と思えるかどうかは散策家としては重要なことなのだ!

20160104_18.jpg
▲ふたたび、塩川。これくらいの川は見ていて飽きない。カーブ具合も良い。

20160104_19.jpg
▲合流部をズーム。水量が豊富なのがわかると思う。もちろん音も良い。

20160104_20.jpg
▲塩川。やや心許ないが、かわいい私道橋。


その3に続きます。
タグ:甲州市
posted by しかすけ at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(都市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック