2016年03月07日

塩山の水路・暗渠その4

その3の続きです。


20160104_30.jpg
▲塩山温泉へ。小さな温泉地を貫くこの道は両側が水路。両側水路はそれだけで良いものだ。

20160104_31.jpg
▲右側は水路というより側溝に近い。枯れている。

20160104_32.jpg
▲左側は水量のある水路。私の影が間抜けなのが残念・・・・。

20160104_33.jpg
▲浴場への橋と頭上の渡り廊下も良い感じ。

20160104_34.jpg
▲擁壁の古さも味わい深い、のんびりとした水路沿いならではの風景。

20160104_35.jpg
▲この奥で道が一段高いところに出る。

20160104_36.jpg
▲段差の下を覗くと、なんと棚のような設えが。暗渠棚。

20160104_37.jpg
▲小さな旅館街の横を流れる塩川。
塩川は大きな川ではないが、市街地の中ではどこでも存在感があるように思う。

20160104_38.jpg
▲このあたりでは意外と少ない、簡易スルースゲート。

20160104_39.jpg
▲細い水路が集まってくるところ。3方向から。

20160104_40.jpg
▲山が近いだけに素晴らしい水量!

その5につづく。
タグ:甲州市
posted by しかすけ at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(都市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。