●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

2020年01月01日

スイロット・アンキョ 特集記事・長編記事一覧

当ブログの長めの記事の一覧です。新しいウインドウで開きます。
普段は1記事につき写真1枚を基本としていますが、
1本の川をある程度追いかけて歩いた場合はまとめて1記事(特集記事)としています。
更新が面倒な場合もたまに長い1記事で済ませています(笑)。
文体や文の長さは気分次第で、たまにぶっ壊れます。あるいはわざと崩してます。

※1記事1枚のものは数が多いためタグ欄の市町村名から探して見てください。

<特集記事一覧>
●東京都
宇喜田川
戸越銀座の暗渠・川跡 前編 中編 後編
練馬区 その1 その2
神田川・赤城下町方面の支流+おまけ(紅葉川)
笄川・旧青山南町方面の支流など
長円寺谷
善福寺川 旧流路の支流暗渠 その1 その2
雲雀ヶ谷踏切近くの井戸小径
善福寺川・南荻窪四丁目の暗渠 その1 その2
谷端川のひげ暗渠 その1 その2 その3 その4
池袋北部の暗渠(境井田) その1 その2
志茂の水路
芝、地籍地図で歩く大正期の水路敷
吉原の水路跡 その1 その2
(八王子市)打越川
(八王子市)中谷戸
(八王子市)土入
(八王子市)釜貫・只沼・車石の西
(八王子市)車石の東
足立区 その1 その2
妙正寺川 気になるいろいろ
くろんぼ川を辿る
江戸川区新小岩(松島)の蓋暗渠


●埼玉県
不老川下流部
不老川中流部
不老川上流部・源流部(1)狭山池北東からの流れ(最上流部)
不老川上流部・源流部(2)狭山平からの流れ
不老川上流部・源流部(3)元狭山からの流れ
不老川上流部・源流部(4)水天宮からの流れ
不老川上流部・源流部(5)名鉄運輸からの流れ
南小畔川 その1 その2 その3 その4 その5 その6(完)
西浦和の水路(少なめ)

●千葉県
東金の水路(少なめ)
大網の水路(少なめ) その1 その2

●静岡県
富士宮・渋沢用水
posted by しかすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

250記事達成記念特集記事について

※今回の特集記事は新しいものほど日付を古くして投稿します。つまりこの目次記事が日付順では一番上になりますが、意図的なものであり間違いではありません。

こんにちは、しかすけ(志歌寿ケイト)です。「スイロット・アンキョ」をご覧いただきありがとうございます。

このブログや「東京の商店街を歩こう」などを見ていただくとわかるとおり、私は自分を投影した文章を書くのが若干苦手です(若干と苦手って80%くらい同じですよね)。説明文や完全な創作ならまだしも、自分の行動とその時の思いを書き表すとなると、どうもうまくいかないのです。しかしある程度水路の流れに沿って歩く記事を何度も書くとなると、説明文的に続けていくと退屈になるのではないかとも思うのです(読むほうも書くほうも)。

そこで今回の特集記事群は、取材は真面目にやってますが、文章は不真面目(?)です。まあ流路と撮影ポイントさえわかれば解説することはほとんどないので、文章は遊んでしまえばいいかな、といったところです。しかすけは若い頃は演技者としての勉強をしてきた人間でもありますので、文章も思い切って演技(創作)したほうが面白くなるのではないか、という実験の意味も込めております。その他いろいろ思惑はありますが、どうかご了承ください。


<250記事達成記念特集記事 目次>
※順番に関係なく出来上がり次第の更新となります。

その1 妙正寺川 くろんぼ川の周辺
1-1 くろんぼ川を辿る (9/24掲載)
1-2 気になるいろいろ (9/25掲載)
※歩行日=2010-09-24

その2 Going Back To Hachioji - 八王子に帰ろう
2-1 打越川 (10/5掲載)
2-2 中谷戸 (9/26掲載)
2-3 土入 (9/28掲載)
2-4 釜貫・只沼・車石の西 (12/28掲載)
2-5 車石の東 (12/28掲載)
歩行日=2010-09-19/2010-09-20

その3 足立区の暗渠
3-1 前半 本木堀近辺 (10/17掲載)
3-2 後半 気になる箇所 (10/17掲載)
歩行日=2010-10-01


これ以降の特集記事は下記のページをご覧ください。
http://suiro.seesaa.net/article/402133814.html

posted by しかすけ at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

「スイロット・アンキョ」サイト説明

●自己紹介

しかすけ(志歌寿ケイト)は現在は埼玉県に住んでいます。出身は名古屋市です。

元々地図が好きだったので、小学校高学年くらいから河川も割と好きでした。
上京し八王子に住んだ頃に、その谷がちな地形から、
水の流れをより意識するようになりました。
また、商店街歩きや路地歩きで出くわす水路・暗渠の風景にも心惹かれ、
その時に集めた写真をこうして公開しています。

その他、街にあって歴史や生活の流れを感じるものは何でも好きです。
道、鉄道、地形、公園、歩道橋、掲示物、商店街、地蔵、杭、などなど。
でも電線とか植物とかビルとか車両はあんまり。
あと、基本的に突き詰めないタイプなので、
どのジャンルでもさほど研究はしていません。
歴史や構造の突っ込んだ事はどうか聞かないでください・・・。

基本的には、各地を散策していて水路があったらとりあえず写真を撮ってます。
流れを辿って水路や暗渠を延々歩くということは、たまにしかしません。
水量がある地方の水路が好きです。暗渠は、住宅の間の狭く暗いのが好きです。
写真は全てコンパクトデジカメです。写真にはあまりこだわりがありません。
掲載時はサイズ以外にも多少加工しています。

こんな自分ですが、気長によろしく。

●しかすけへのご連絡など
ご連絡はこちらのプロフィールサイトの連絡先までお願いします。お仕事も受け付けております。

※必ず返信が必要な場合はこちらのメールアドレスの受信許可をあらかじめお願いします。

●コメント・トラックバックについて
コメントおよびトラックバックは承認制です。掲載には時間がかかりますので、送信ボタンを押したら数日お待ちください。また、古いコメントの状態が続く場合は、キャッシュクリアを行うなどしてください。

●カテゴリの大まかな説明
以下のように適当にカテゴライズしています。

水路(農地)
主に現役の農業用水路・排水路。現役農地内の水路に限りこちらにしています。

水路(都市)
宅地内の水路です。元々は農業用だったものも含みます。

水路(小河川)
水路と呼ぶには太いもの、川らしい土手のあるもの、名前のはっきり出ているものなどです。

暗渠(ふた型)
道として整備されず、蓋で覆われた暗渠です。

暗渠(緑道・道路型)
人や軽車両が通れるように埋め立てて整備された暗渠です。

暗渠(未整備型)
とりあえず地中化されただけの暗渠です。

水門
水路の水門の画像の場合はこのカテゴリにしています。なくすかもしれませんが。

その他必要に応じて追加します。

●タグについて

現在のところ、市町村ごとにタグをつれています。
ただし合併で変化した自治体もあるため、
旧自治体名で書く場合や、合併後の自治体名で書く場合が混在します。

もし海外へ行ったらその分は国名にしますが、
今のところ行く予定がないので無用な心配です。
(行きたいんですけどね・・・ヴェネツィアとか。)

●プライバシーポリシー当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
タグ:サイト説明
posted by しかすけ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png