●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

2013年05月14日

0578 善福寺川 旧流路の支流暗渠2

善福寺川旧流路、もう1本の支流暗渠。


より大きな地図で 善福寺川関係 を表示

0578-1.jpg

おそらく下流側から。

0578-2.jpg

やや幅広だが、壁に囲まれたいかにもな空間がある。

0578-3.jpg

出入り口などはほとんどない。

0578-4.jpg

南側出口から見たところ。手前はマンションに阻まれる。

この日は善福寺川を完歩した。出発が遅く、ほとんど日が暮れてしまった。写真もぶれている。
タグ:杉並区
posted by しかすけ at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暗渠(道路・歩道型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

0577 善福寺川 旧流路の支流暗渠1

善福寺川周辺で行きたかったことろのひとつが、この暗渠。


より大きな地図で 善福寺川関係 を表示
(狭い暗渠道の部分のみラインで示している。)

この道の北端の街路は善福寺川の旧流路と一致し、そこにつながる暗渠と見られる。
旧流路は明治頃の地図ではむしろ現流路側より太く描かれていて、改修前には主たる流れだったようだ。
ここより先、環七より東側ではその河川敷が立正佼成会の敷地に転用されている。

0577-0.jpg

南端の入口付近。この手前でカクカクと折れてなお南進していると思われるが、とりあえず北側のみ。
水路側に倒れた木がいかにもという感じ。

0577-1.jpg

コンクリート擁壁が多く、護岸的な遺構はほとんど見られない。


0577-2.jpg

この道は通路としてもあまり使用されていないようだが、そんなに私有化もされていない。


0577-3.jpg

通る人が少ないせいか、折れた大きな枝がそのまま放置されている。
ここのところ強風だったが、枯れ具合からするとそれ以前からのものだろうか。
またぐようにして通過。


0577-4.jpg

グッと曲がる、北側の暗渠道出口。
ゴミ置き場になっているはありがちだ。
手前の道路が善福寺川旧流路である。右に進むと100mほどで環七に出る。


この東側にもう1本暗渠があるので、次の記事で紹介する。
タグ:杉並区
posted by しかすけ at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暗渠(道路・歩道型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

0573 谷端川のひげ暗渠4

ひげ暗渠シリーズ、とりあえず今回分の最後の4本目。
本当は南側にもそれっぽいのが1本あったけど行かなかった。


より大きな地図で 池袋北部の暗渠 を表示

0573-1.jpg

下流側入口。ごくごくありがちな、裏側っぽさのある暗渠上の道。


0573-2.jpg

交差点の感じも、まぁそれっぽいな、という程度で派手な段差は少ない。


0573-3.jpg

この先が終点で、約120m。いけぶくろ茜の里の横に出る。



0573-4.jpg

なお、反対にある短い水路跡Gも一応掲載しておく。山手通までのこごくわずかな間だけが残っている。

このひげ暗渠群は、池袋らしく雑然とした、あまり美観にこだわらないいかにも「裏道」という感じがした。好みは分かれるだろうけれど。横道の雰囲気も、このあたりにしては野性味がある。
タグ:豊島区
posted by しかすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暗渠(道路・歩道型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

0572 谷端川のひげ暗渠3

引き続き、ひげ暗渠の道。


より大きな地図で 池袋北部の暗渠 を表示

他のものより追える距離がやや短いこの道。下流側からの視点でどうぞ。


0572-1.jpg

入口近くはこんな感じ。狭さはあるけど、湿気は控えめ。


0572-2.jpg

ここには横道からの階段がひとつあるのが特徴といえば特徴。
あと外水道もあったかな。他の横道には未舗装のところもあった。


0572-3.jpg

この突き当りで行き止まりになる。左のアパートの出入りに使われている模様。
総延長は75mほどと、短い。まさにひげ暗渠。

タグ:豊島区
posted by しかすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暗渠(道路・歩道型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

0571 谷端川のひげ暗渠2

谷端川のひげ暗渠、2本目。



より大きな地図で 池袋北部の暗渠 を表示
ここでは上記地図での水路跡C、池袋三丁目70・71の暗渠を取り扱う。やはり110mほどしかない。上流側からの視点で見た。

0571-1.jpg

上流側の入口付近。駐車スペースがあるせいで、狭く薄暗い感じはあまりしない。ソフトな暗渠街路だ。


0571-2.jpg

他の街路との交差点も暗渠っぽい。右の横道も水路跡かは不明。奥が谷端川の緑道となる。

タグ:豊島区
posted by しかすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暗渠(道路・歩道型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

0570 谷端川のひげ暗渠1

ふたつ前の記事の境井田の水路跡の周辺には、短く直線的な暗渠道が複数ある。こうした特徴を持つ場所はあちこちにあり(たとえば白子川の大泉町あたり)、私は「ひげ水路」「ひげ暗渠」などと呼んでいる。田があった頃の用悪水路を流用したのか宅地化した時に排水路として作ったのかそれぞれには知らないが、だいたい同じような間隔でそれっぽい道があることが多い。


より大きな地図で 池袋北部の暗渠 を表示

今回は上記の水路跡B、池袋三丁目42・43の間を下流側からたどる。たどる、というほど長くはないけれど。


0570-1.jpg

入口付近。右に1本細い小径があり、そこもなかなか湿っぽい。


0570-2.jpg

草・苔のはびこり方に暗渠っぽさがある。


0570-3.jpg

この辺りの細い暗渠道にしては珍しく花が(この地域、ゴミ屋敷率もなかなか高い)。この先で街路に出てマンションに突き当たって終点となる。110mほどの短い「ひげ暗渠」だ。

他の3本も順次紹介していく。
タグ:豊島区
posted by しかすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暗渠(道路・歩道型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

0569 池袋北部の暗渠(境井田)2

谷端川の支流のひとつ、池袋北部の暗渠をいくつか歩いたので写真を載せたいと思う。

1記事目はこちら

赤いラインが今回取り上げている水路A(境井田)。

より大きな地図で 池袋北部の暗渠 を表示

0569-1.jpg

ここは道路用地と近くなるため、建物は取り払われている。しかし暗渠としては残っている。建物に囲まれないのはここだけだ。


0569-2.jpg

少し先に図書館があり、そこからまた家々の間に入る。ちゃんと最後まで抜けられるし、通行人もちらほらといたので、安心して歩いて大丈夫。


0569-3.jpg

0569-4.jpg

0569-5.jpg

0569-6.jpg

この先が谷端川緑道となる。全体に段差は少なめだが、民家・マンションの間をやや蛇行しつつ途切れず抜ける、気持ちのよい暗渠の道だ。散歩の寄り道としてもアリだろうと思う。



タグ:豊島区
posted by しかすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暗渠(道路・歩道型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

0568 池袋北部の暗渠(境井田)1

谷端川の支流のひとつ、池袋北部の暗渠をいくつか歩いたので写真を載せたいと思う。

今回は赤いラインの水路A(境井田)の1。

より大きな地図で 池袋北部の暗渠 を表示

境井田というのは合流点あたりの旧地名だが、メモとしてとりあえず付記しておく。では、上流側から追っていこう。

うさぎのガードレールが大繁殖中の、そのちょっと裏に入口がある。

0568-1.jpg

幅が見るからに怪しいし、谷筋に沿っているのでまず間違いなく川跡とわかる。

0568-2.jpg

かなりきっちりと建物が建っていて、薄暗い。初心者向けの、そこそこの長さで川跡っぽい特徴のある暗渠だと思う。


0568-3.jpg

このあたりの石積みも実に川っぽい。


0568-4.jpg

この先でようやく別の街路と交差する。続く。
タグ:豊島区
posted by しかすけ at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暗渠(道路・歩道型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png