●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

2011年09月30日

0361 一之江

0361.jpg
一之江境川親水公園・・・だと思う。記憶がなくなってまいりました。
タグ:江戸川区
posted by しかすけ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(親水公園・親水緑道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

0360 池袋・谷端川

0360.jpg
マンションの裏手。
posted by しかすけ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(親水公園・親水緑道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

0359 池袋・谷端川

0359.jpg
区境になっている谷端川の緑道。管理はどっちだっけ・・・。
posted by しかすけ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(親水公園・親水緑道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

0331 荻窪

0331.jpg
0330の続き。これ以降は撮ってない。西田商店街に行きたかったついで。
タグ:杉並区
posted by しかすけ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(親水公園・親水緑道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

0319 小松川境川親水公園

0319.jpg
小御立橋(こみとはし)付近から。落ち着いた親水公園。
posted by しかすけ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(親水公園・親水緑道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

0271 鎌田川親水緑道3

0271.jpg
水路敷のまわりに木があるというのは良い。古くからの木だと水路の影響で枝の伸び方に特徴が見られるし、新しいものでも立体感が出て風景として大変良くなる。暗渠でも横にある木に開渠時代の面影が感じられたりする(事実はともかく感じるのは勝手だ)。


<短信>
水路暗渠ファンには音楽が好きな人も多いように思う。僕もそこそこだと思うが、子供の頃はまったく興味なく周囲からの影響もなくて、高校くらいから急激に独自に聴いていったので、かなり変な趣味になっている。おかげで同世代で音楽の話が合う人がいない。

昨日AmazonでCDを注文した。「メイドさんベスト 復刻盤」と弘田三枝子「ミコ・ジャズ・ライヴ・イン・北九州」である。こんな取り合わせで買った人間もいないだろう・・・。
タグ:江戸川区
posted by しかすけ at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(親水公園・親水緑道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

0270 鎌田川親水緑道2

0270.jpg
とにかくちゃんと水が流れているのがいい。雑草などがあってもいいので、とにかく水流が大事。枯れた親水緑道ほど寂しいものはない。


去年ぶよう堂で買った「DXポケット版 東京区分地図」(昭文社・S49)がなかなかいい。印刷が細かく、ポケット版のページ折り畳み式にしては水路の記載がけっこうある(たとえば、碑文谷池や清水池からの流れなど。細かさは区にもよるが・・・)。昭和40年代末にどの程度開渠だったのか知りたい人にはおすすめ。橋の名前も一部入っている。販売価格は500円でした。
タグ:江戸川区
posted by しかすけ at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(親水公園・親水緑道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

0269 鎌田川親水緑道1

0269.jpg
江戸川区は水路をそのまま親水公園にしている箇所がとても多い。元々の水路網はいまひとつ僕にはわかっていないが、整備されているものはどれもなかなか歩きがいがある。
タグ:江戸川区
posted by しかすけ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水路(親水公園・親水緑道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。